仮想通貨 Aeternity(AE) とは?2018年6月までにメインネットのリリースが予定されている Aeternityコインの特徴、チャート情報をまとめました。

Aeternityの基礎情報


開発日 2016年12月29日
開発元の会社 開発元の公式HP
開発元のツイッターはこちらです。
現在の発行枚数 不明
発行枚数の上限 不明
Aeternityの現在の主要取引所 BINANCE(バイナンス)から購入することができます。
詳しくはこちらのバイナンスでコインを買う方法からご覧下さい。

BINANCE(バイナンス)での取引方法、買い方の説明 | コインwiki

Aeternityのチャート情報URL こちらからチャートを見ることができます。
Aeternityのコミュニティ コミュニティについての情報は今の所ないようです。
Aeternityの情報提供募集 こちらのLINE@からAeternityについて何か情報をお持ちの方はご連絡ください。
友だち追加

Aeternityの特徴

ここ数ヶ月、ビットコインの下落とともに他のコインは軒並み価格を下げていますが、
このコインだけは何故か1月後半あたりから価格が非常に上がってます。

更に先日、2月7日にBinanceに上場し更に価格を上げております。
現在は少し下降気味ですが、力を貯めている段階でしょうか。

また、既にテストネットの公開も完了し、予定通り開発が進んでいるようです。
2018年6月までにリリース予定となっておりますが、この調子でいけば問題なくリリースされるのではないでしょうか。



ホワイトペーパーに記載されている英語とgoogleで翻訳した内容がこちら
要約 – 2014年のEthereumの導入以来、分散型の信頼できないアプリケーション(スマートな契約)に大きな関心が集まっています。

その結果、実際にはブロックチェーンの上に実際のデータを持つアプリケーションを実装しようとしています。

いくつかの理由から、アプリケーションの状態とコードをチェーン上に格納することは間違っていると考えています。

私たちは、オラクルのチェックにも使用されるコンセンサス・メカニズムを備えたスケーラビリティの高いブロックチェーン・アーキテクチャを提示します。

チェーン上に契約コードや状態を保存しないことで、スマート契約を分析しやすくし、処理を迅速にすることができます。

合成資産市場や予測市場などのアプリケーションは、グローバル規模で効率的に実装できます。

いくつかのパーツはErlangで概念実証の実装をしています。

ウォレット、ネーミング、アイデンティティ・システムなどの開発ツールとアプリケーションの基本も提供されます。

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す