国内取引所 ビットフライヤー(bitFlyer)の基本情報。口コミや評判

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

開設日 2014年1月
開発元の会社 株式会社bitFlyer
URL https://bitflyer.jp
現在の取引されている通貨 ビットコイン/bitcoin(BTC)
イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック/Ethereum Classic(ETC)
ライトコイン/Litecoin(LTC)
ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

以上5つの仮想通貨
特徴的なサービス DMMなどの大手サイトでも使えるところがありますが
それに先行してビットフライヤーでは、ビットコインで通販ができるシステムを取り入れています。
情報募集中 当サイトでは常に情報を募集しております
友だち追加

ID【@vpg2138k】

取引所、ビットフライヤーのメリットや特徴。評判


とにかく使いやすい


もうビットフライヤーを使えないならAmazonは勿論グーグルも使えないんじゃないか?と思うほど簡単 説明必要なし!といえるレベル

取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位


早期にインフラを整え始めたのもありますが
非常に説明しやすく簡単な操作で済むことが特徴です。

当サイトの海外取引所での売買でもビットフライヤーは説明用に使わせていただいています。

とりあえず最初はビットフライヤーを登録しておけば「間違いない」と思います。


買い物のポイント還元で無料でビットコインを貰える。



これも初心者におすすめしやすい理由の一つです

「投資」

この言葉を使うと無条件に拒否反応を示す方が結構いらっしゃいますが
ビットフライヤーなら、楽天やZOZOで買い物した時のポイント還元を、ビットコインでもらう事ができます。

つまり投資ではなく、自分が欲しいものを買って、ついでにコインも貰えるため
登録だけしておけば?と言いやすいんです。

ポイントの現金化として使っている方も多いんですね。

当サイトでは先に申し上げた通り
何かしら(草コインや海外取引所)の説明をする際ビットフライヤーを利用しているため

草コインで大きく儲けたい、宝くじ感覚で遊びたい人は是非作っておいて頂ければスムーズな取引ができます

取引所ビットフライヤーに登録してみる

取引所、コインフライヤーのデメリットや特徴。評判


取り扱いの仮想通貨が少ない

代表的な仮想通貨は取り扱っていますが仮想通貨投資を始めると、どうしても他の仮想通貨も気になってきます
その段階になってきたら海外取引所やコインチェックを開設してみてはどうでしょうか

・ビットフライヤー
・コインチェック
・Zaif
の3つは登録だけは済ませておいたほうが良いと考えています。

どのみち入金や売買には本人確認書類の提出の関係で数日かかりますので
同時にすべて登録し、遊んでみることをオススメします。

手数料が高い

「販売所」で仮想通貨を売買するときの差額(スプレッド)が他の取引所に比べて高めです。
1円でもお得に!そして一日数回取引をする!という方は向いていない取引所かもしれません。

ですが、一日数回取引をようなら仮想通貨ではなく、FXや株でもいい気がします。

仮想通貨は全体でいい意味で不安定なので
多少の値動きでの売買は控えたほうが良いとも言えます。

まとめ


最初の取引所はビットフライヤーかコインチェックでOK

その後は3つの取引所を使い分け

日本での取引が出来たのなら
100円から遊べる海外取引所がオススメです。

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す