仮想通貨eccコイン(ecc)、コンセプトはいいのに停滞している開発。特徴、購入方法をまとめました。

E-Currency Coin(ECCコイン)の基礎情報


開発日 2015年3月30日
開発元の会社 開発元のホームページは現在サーバーダウンしておりました。
ソースコードはこちら
現在の発行枚数 22,441,879,505
発行枚数の上限 無限?
ECCの現在の主要取引所 coinexchangeから購入することができます。
詳しくはこちらのコインエクスチェンジでコインを買う方法からご覧下さい。

coinExchange(コインエクスチェンジ)での取引方法、買い方の説明 | コインwiki

ECCのチャート情報
ECCのコミュニティ discordのチャットルームは見つかりませんでした。 Lineで
ECCの情報提供募集 こちらのLINE@からECCについて何か情報をお持ちの方はご連絡ください。
友だち追加

ECCの特徴


1,支払いだけでなく、ファイルを保存したり、メールやメッセージを送受信可能。

2,ファイルストレージ機能が搭載予定。

3,商品とサービスのECCを受け入れるマーチャントインテグレーションも搭載予定。

大まかに言うとこの3つ
従来の支払いの代替としてE-Currencyコインを開発、このコインを特別なものにするために、ネットワークの機能面だけでなくコイン自体も発展させようとしています。

こう書いてるんですが
ドロップボックスとグーグルの下位互換と感じてしまった。ただ、価格は右肩上。

価格が上がるということは誰かが扇動しているか、中身があるか、上場したかのどれか。
ドロップボックスとスカイプの混合型のサービスを利用し、商品やサービスの取引ができるサービスも掲載される予定

ただし、そこにコインを当てるのならどのコインでも代用が効く。


そして展開するサービスは既存のものと置き換えることが出来るのか?という所が将来性の分かれ目。


ただ、コンセプトとしては個人的には大好きだ。

ファイルとメッセージを統括できるなら楽だし。
MoonやXPみたいに誰かに使ってもらう、というよりも、自分が使うものなので市場が広がればただ単純にそこにあり続けるので土台が硬いような気もする


ランキングなら10位以内には入れてもいいけど、開発次第では即外し対象。


ただ3億人という驚異的なサービスありきで始めたKINコインや
大手サービスと結合を狙っているXPを比べるとやや見劣りしてしまう。


【2018年最新版】今のうちに購入しておきたい草コイン5選 | コインwiki

また、仮想通貨の進化は非常に早いため何か情報を他に持っていたら是非提供して欲しい。

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す