仮想通貨Ethereum Classic(”ETC”イーサリアムクラシック )とは?4000円を超えてる爆上げを見せたEthereum Classicコインの特徴、チャート情報をまとめました。

Ethereum Classicの基礎情報


開発日 2015年7月30日
開発元の会社 開発元のHP
開発元のホワイトペーパーはこちらです。
現在の発行枚数 不明
発行枚数の上限 2億1千万枚
Ethereum Classicの現在の主要取引所 ビットフライヤーから購入することができます。
ビットフライヤー公式HP


Ethereum Classicのチャート情報URL こちらからチャートを見ることができます。
Ethereum Classicのコミュニティ コミュニティについての情報は今の所ないようです。
Ethereum Classicの情報提供募集 こちらのLINE@からEthereum Classicについて何か情報をお持ちの方はご連絡ください。
友だち追加

Ethereum Classicの特徴

イーサリアムクラシックは元々イーサリアムから分裂により誕生し、分散型システムと主として作られました。
また、イーサリアムからの分裂により誕生したため、価格の変動がイーサリアムの影響をモロに受けてしまう場合が多くあります。



また、現在価格が高騰している理由として
「ハードフォーク&エアドロップの予定発表」による高騰であると予想されております。

2018年の3月ごろにハードフォーク&エアドロップをおこなう予定があることを開発チームがツイッターで発表。
さらにそこで新しい通貨「Callisto(CLO)」も追加される可能性があることが発表されました。

新たな通貨Callisto(CLO)とは?
Callistoはイーサリアムのプロトコルに基づき、独自の暗号化(CLO)を備えたブロックチェーン。
サイドチェーンとしてETCとCallistoネットワークの両方のスケーラビリティを向上させることが可能になります。
ETCブロックチェーンのCallistoスマートコントラクトを使用したり、ETCチェーンのバンド幅を簡単にすることができます。
(現在、DexNS、Address-To-Addressメッセージシステム、トークンスワップチャネル、ECNSは、ETCチェーンに展開されるクロスチェーンサービスのことです。)

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加