仮想通貨 Steem (STEEM) とは?2月1日、バイナンスに上場を果たしたSteemコインの特徴、チャート情報をまとめました。

Steemの基礎情報


開発日 不明
開発元の会社 開発元のツイッターアカウント
開発元のアナウンスはこちらから受け取れます。
現在の発行枚数 不明
発行枚数の上限 不明
Steemの現在の主要取引所 BINANCE(バイナンス)から購入することができます。
詳しくはこちらのバイナンスでコインを買う方法からご覧下さい。

BINANCE(バイナンス)での取引方法、買い方の説明 | コインwiki

Steemのチャート情報URL こちらからチャートを見ることができます。
Steemのコミュニティ コミュニティについての情報は今の所ないようです。
Steemの情報提供募集 こちらのLINE@からSteemについて何か情報をお持ちの方はご連絡ください。
友だち追加

Steemの特徴

2018年2月1日に中国取引所のバイナンスに上場したSteemコイン。

世界最大級の取引所でもあり、かなり上昇するのでは?
と思われていましたが、蓋を開けるとほとんど上昇せず、現在は上場発表よりも下がってしまっているのが現状です。



上場すると大体は一気に上がって、下がって、上場前の数倍程度で落ち着くのが定番ですが
このコインはどうなる事やら・・・。


Steem(スチーム)とは?

通貨名:スチーム(Steem)
通貨略号:STEEM
公式サイト:https://steem.io/

Steemはソーシャルメディア業界には存在しなかった、コンテンツ制作者やインターネット読者に収益を上げる機会を提供しています。
SNSのコミュニティに貢献している人に正確かつ透明性のある報酬を与えるという初の試みです。

ソーシャルメディアであると同時に、公正な会計システムでもあります。
簡単に表すと「ユーザが報酬をもらえるReddit」です。

Reddit、Facebook、Twitterなどの様々なソーシャルメディア企業は、ユーザーが作成したコンテンツによって、数千億円以上の価値を創出していますが、これらの企業はユーザーが作成したコンテンツに対して報酬を払う事は有りませんでした。

そこでスチームはこういった価値創出に貢献しながらも報酬が支払われていない人達にも適正な報酬が分配されるようにする事を目的としています。

スチームのユーザーはブログ形式で記事投稿を自由に行う事が出来ます。
その投稿者の記事に対して、他のユーザーはコメントや投票を行います。

自分の書いた記事が多くのコメント、投票により評価を受けると評価の高さに応じた報酬を得る事が出来るのです。
つまりコンテンツを投稿しても他のユーザーから評価されなければ報酬は得られません。

また投票した側も報酬が受け取れます。
投票する側はSteem Powerによって投票の価値を変更できるようになっており、投票量や投票までの時間によって報酬が決まります。

スチームは小額からの支払い(マイクロペイメント)が可能な為、投稿に対してコメントするといった従来は貢献とみなされなかったような事に対しても報酬を払う事が出来るようになっているのです。
https://www.blockchain-labo.jp/altcoins/steem

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す