仮想通貨ZClassic(ZCL)とは? ZClassicコインの特徴、チャート情報をまとめました。

ZClassicの基礎情報


開発日 2016年11月6日
開発元の会社 開発元のHP
開発元のツイッターはこちらです。
現在の発行枚数 不明
発行枚数の上限 2100万枚
ZClassicの現在の主要取引所 クリプトピア ( Cryptopia ) から購入することができます。
詳しくはこちらのクリプトピア ( Cryptopia ) でコインを買う方法からご覧下さい。

クリプトピア ( Cryptopia ) の登録、日本からの入金方法と使い方の説明

ZClassicのチャート情報URL こちらからチャートを見ることができます。
ZClassicのコミュニティ コミュニティについての情報は今の所ないようです。
ZClassicの情報提供募集 こちらのLINE@からZClassicについて何か情報をお持ちの方はご連絡ください。
友だち追加

ZClassicの特徴

基本的な機能は「ゼロ知識証明」を導入した、匿名性に特化した暗号通貨、となります。
今年に入ってZClassicが1度高騰しましたが、その理由は2018年1月のハードフォーク※によるもののようです。
※該当仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することで旧ルールの互換性が無くなる事です



このZClassic、ハードフォークが行われた際、ZClassicとビットコイン所有者の両方に、1対1の比率でビットコインプライベートが与えられるという事で話題になりました。
それが理由で高騰したといわれています。
その時に購入した人は利益が出たかもしれませんが、一時的な上昇であったため、この先このコインが高騰する可能性は少し低いかもしれませんね・・・。

リアルタイムで高騰したもの流しています。
コインWIKi,是非登録お願いします。
友だち追加